PR

『ミステリと言う勿れ』第2話 あらすじと感想(ネタバレ注意)

芸能/エンタメ

この記事は『ミステリと言う勿れ』第2話のあらすじとストーリーの予想や展開の期待感、そして放送終了には感想を書き加えてこのドラマの面白さをお伝えしています。

『ミステリと言う勿れ』第2話のあらすじと展開予想

美術館に行くため久能整(菅田将暉)が乗った路線バスがジャックされた。乗客に名前を尋ねる犯人に、整は逆にバスジャックの目的と名前を聞く。すると犯人は犬堂オトヤ(阿部亮平)と名乗るが、目的はそのうちわかると教えなかった。
その頃、大隣警察署には連続殺人事件の捜査本部が立っていた。朝には新たに4体目の遺体が発見されている。被害者に共通点はなく、容疑者の目星すらつかない状態だ。青砥成昭(筒井道隆)や池本優人(尾上松也)らが忙しく動く中、風呂光聖子(伊藤沙莉)は捜査に加わらせてもらえない。そんな時、風呂光は後輩警官からバスジャックの通報があったと報された。だが、付近の路線バスや観光バスは問題なく運行している。風呂光は青砥たちに話すが、ただのイタズラだと一蹴されてしまった。
整の乗ったバスは公園に停まり、オトヤは乗客たちを1人づつトイレに行かせる。真っ先にトイレに向かわされた整は外部に連絡する方法を考える。出がけ前に池本から連絡先を知らされていた整はメモ用紙に現状を書いて、犯人に見つからなさそうな場所に置いた。
再びバスが走り出すと、整がオトヤを理詰めにして怒らせてしまう。逆上したオトヤはナイフで切りかかるが、乗客の熊田翔(永山瑛太)が整をかばった。さらに、乗客の坂本正雄(久保田悠来)がオトヤを殴り倒す。乗客たちは安堵するが、坂本は落ちたナイフを乗客たちに向け…。その後、バスは犯人の指示で、ある屋敷にたどり着く。

引用:フジテレビ

1話では取調室にいるだけで事件解決されましたが、一転して久能がバスジャックに遭遇して他の乗客達と共に豪邸に集められるようです。

見どころとしては久能は理論的で正論を語るんですが、とにかく話が長いことからバスジャック犯をキレさせないかということです。
刑事たちも痛いところを突かれてしまったことから怒りを久能にぶつけてしまうという場面が1話ではありました。
なので、芯を食ってしまおうが忖度なく言いたいことをハッキリ伝えてしまうのが久能の長所であり短所でもあるんでどんな修羅場が起こるのか楽しみにしています。

そして、久能の独特の発想から生まれる名言に近いセリフというのが聞きたいなと期待しています。

反論したいわけではなく違う観点から見た久能の説得力のある言葉は論破されてしまうレベルの完成度があります。

個人的にもこんな時、久能ならどう答えるんだろうというのが知りたくてしょうがなくなっているんです。

久能の一挙手一投足に注目しながら2話を観たいです。

『ミステリと言う勿れ』第2話の感想

『ミステリと言う勿れ』第2話ダイジェスト

バスジャックに巻き込まれてしまってもポーカーフェイスを貫き、自分の思ったことを言わずにいれない久能のキレがあるコメントは胸に刺さるものがありました。

いじめられていた過去を持つ男性に対して「病んでいるのはいじめている側であり欧米ではカウンセリングを受けるべきはいじめていた側だ」と主張する久能。

なぜ人を殺してはいけないという問いかけに「人を殺してはいけない法律はない、秩序のある平和で安定した社会を作るために便宜上そうなっているだけです。自分だけが殺す側でいたいというのならそれはまた別の話」と語る久能節も最高でした。

とにかく筋が通っているし、今までに聞いたことがない発想のコメントが久能からは発せられるので、本当に魅力的な存在です。

そして妹を殺した犯人を見つけ出したい犬堂兄弟によって集められた人間の中に連続殺人事件の犯人がいるという展開も注目です。

それから、第2話では警察が突入してくるのが普通のドラマより早いのが印象的でした。
危機的状況になり警察が突入してくるのがセオリーなんですがこのドラマはあっさり登場するのを見て異色さが伝わりました。

『ミステリと言う勿れ』あらすじと感想 記事一覧

『ミステリと言う勿れ』の過去の放送回の感想記事一覧です。