PR

ドラマ『ミステリと言う勿れ』第11話のあらすじと感想!※ネタバレ注意 サスペンスの帝王登場に注目

芸能/エンタメ

この記事は『ミステリと言う勿れ』第11話のあらすじとストーリーの予想や展開の期待感、そして放送終了には感想を書き加えています。

今回はサスペンスの帝王とも言われる船越英一郎さんの登場に注目していました。

どんなドラマに出演してもその圧倒的な存在感を放つ役者さんですし、どんな演技をしてくれるのか楽しみでしたが、想像以上にキャラを作っていたのがとても印象に残りました。

しかも、主人公不在でも物語が成立してしまうところが、このドラマならではの展開ですね。

詳しくは記事本編で。

『ミステリと言う勿れ』第11話の展開予想

第11話のあらすじ

久能整(菅田将暉)が、犬堂我路(永山瑛太)から教わった大阪で開催される美術展に行くことを考えていた頃、大隣警察署には新たに発生した連続殺人事件の応援要請が来ていた。青砥成昭(筒井道隆)に指名された風呂光聖子(伊藤沙莉)は捜査本部へと向かう。

すでに三人の犠牲者を出していたこの犯罪は、遺体を交差点の真ん中に磔のように遺棄する猟奇的な事件だ。さらに、三人目の遺体の傷口から被害者本人のものではない血液が検出される。血液はDNA鑑定で22年前に殺害された被害者と一致。羽喰玄斗による連続婦女暴行殺人事件の17人目の被害者、辻十岐子だ。18件目の殺人を犯して以来、姿を消していた羽喰がまた殺害を始めたのかと捜査本部はいろめき立つ。だが、備前島操警部(船越英一郎)は羽喰の犯行ではないと言う。部下の猫田十朱(松本若菜)も羽喰の事件とは様相が違うと賛同。会話を聞いていた風呂光は猫田とバディを組むよう備前島に指示された。

https://www.fujitv.co.jp/mystery/story/story11.html

第11話で注目しているのが備前島操警部役でゲスト出演する船越英一郎さんです。

このドラマではキャスティングの妙というのをずっと感じていたんですが、今回も素晴らしい役者を手配してきたなと思いました。
船越英一郎さんは説明する必要が無く誰もが知っているという演技派で存在感というのも半端じゃないです。
とにかく雰囲気があるし、どんな感じで菅田将暉さんと絡んでいくのか見ものです。
そして船越英一郎さん以上に楽しみにしているのが久しぶりの我路登場です。
愛珠の死の真相を求めジュートという人物を追っているようです。

ジュートというのが一体、何者なのかどのように久能がこの事件に関わっていくのか注目しています。
きっと奥が深く斬新な結末が待っているんだろうなと期待しています。

第10話は比較的ゆっくりとしたストーリーでしたが次回以降はかなりハードで重厚な展開が待っていそうだなと予想しています。 最終回が近づいてきて寂しさはありますが予想できないストーリーを見届けたいです。

『ミステリと言う勿れ』第11話の感想

第11話のダイジェスト動画

第11話で楽しみにしていたのが音沙汰がなかった犬堂我路が久しぶりに登場することと、備前島警部役として船越英一郎さんが出演することです。

先ずは我路が追っていた愛珠の事件の真相がどれくらい明らかになってきたのかというのを知りたいなと感じていました。

愛珠が何故、裏カジノで働いていたこと以外はそれなりに真実が見えてきたし、真相は次回最終回で見届けたいなと思います。

船越英一郎さんに関してはサスペンスドラマのイメージが強いのは確かです。
ただ、それはイメージなだけでドラマ「相棒」に出演した際に見せた存在感というのが凄かったし、盛り上げる力というのに長けている役者さんですよね。

そのことから、今回はどんな演技をするのか楽しみにしていましたが、予想以上にキャラを作っているのが印象的でした。

堂々としていて厳しさがあり、オーラがあったし大いに存在感というのを見せつけてくれました。

ほとんど主人公の久能が登場することがなくてもこれほど面白くできるのがこのドラマのポテンシャルの高さだよなと感心しました。

『ミステリと言う勿れ』第11話ネットの反応

第11話放送後のツイートを集めました。(ほんの一部です)

『ミステリと言う勿れ』あらすじと感想 記事一覧

『ミステリと言う勿れ』の過去の放送回の感想記事一覧です。