PR

PS5中古を買うべきか?見落としがちな5つのチェックポイント

PlayStation5 ゲーム/IT

驚くべきゲーム体験を提供するPlayStation 5は、人気のゲーム機であるため中古品でもいいと思っている方もおられるかもしれません。

しかし、中古購入には落とし穴も。

本記事では、後悔しないための重要なチェックポイントを5つご紹介。これらのポイントを押さえることで、賢い選択が可能になります。

中古PS5を買うべきか?購入前に知っておきたいこと

PS5の中古購入を検討しているなら、注意すべき点がいくつかあります。

まず、価格が新品と変わらないことが多いです。

さらに、コントローラーの故障リスクや付属品の欠品が心配されます。

使用履歴が不明であることも、故障のリスクを高める要因です。

そして、新品購入時の1年間のメーカー保証が受けられない点も大きなデメリットです。

これらを踏まえつつ、安心して長く楽しめるPS5を手に入れましょう。

PS5中古購入のメリットとデメリット

中古のPS5を選ぶ際は、メリットとデメリットを慎重に比較することが肝要です。価格の高さや付属品の欠品、コントローラーの耐久性、使用期間の不明瞭さ、メーカー保証の非対応など、リスクは多岐にわたります。

しかし、即時入手の可能性や、新品に比べて若干安価である点は魅力です。購入前には、商品の状態や保証内容を確認し、自身のニーズに合った選択を心がけましょう。

PS5中古購入時の注意点

中古PS5を手に入れる際は、いくつかのリスクが伴います。特に価格が新品に近い場合や、付属品が不足していることがあります。また、コントローラーの耐久性に問題があることもあり、使用期間が不明であるため、実際の状態を把握するのが難しいです。

さらに、新品購入時のメーカー保証が受けられないため、故障時のサポートが期待できません。これらを考慮し、購入を決断する前には、信頼できる販売店での購入や、保証の有無を確認することが重要です。

PS5中古のデメリット

中古PS5を検討する際、注意すべきデメリットがいくつか存在します。高額な価格設定にもかかわらず、付属品が欠けているケースが多く、コントローラーの耐久性にも不安があります。

また、どれだけ使用されたかが判明しないため、内部の消耗具合を把握することは難しいです。新品購入時に提供されるメーカー保証も中古品には適用されず、故障時のサポートが得られない点も見逃せません。

保証の有無とその重要性

PS5をお得に楽しむためには、購入時の保証が重要なポイントになります。新品ならSONYの1年間無料保証がついており、万が一の故障時も安心です。

しかし中古品では保証期間が過ぎていることが多く、個人間取引ではレシートがなければ保証を受けられません。

修理費用は30,000円を超えることもあり、故障が修理不能だと新品購入が必要になるため、結果的に高くつく可能性があります。

安心してプレイするためにも、保証の有無は購入前にしっかりと確認しましょう。

コントローラーの耐久性問題

プレイステーションのコントローラーが故障しやすいという問題は、ゲーマーにとって頭の痛い話です。特にPS5のDualSenseは、その革新的な機能にもかかわらず、耐久性に課題があると指摘されています。

長時間のゲームプレイによる劣化は避けられず、多くのユーザーが数ヶ月での交換を余儀なくされています。

純正品の価格は7300円程度と決して安くはなく、社外製品も品質や価格が純正品に匹敵するものは少ないのが現状です。

ゲーム体験を損なわないためにも、コントローラーの取り扱いには注意が必要です。

使用歴の不明瞭さ

中古ゲーム機の購入時、使用歴の不明瞭さは大きなリスクとなります。

例えば、PS5の場合、型番によって発売時期が判別できるため、最新の1200型を選ぶことで比較的新しい機体である可能性が高まります。

一方で、使用時間の記載がない商品は故障のリスクを孕んでおり、購入には慎重さが求められます。

信頼できる情報源からの購入や、保証印の確認が賢明な選択です。

付属品の欠品リスク

PS5を中古で手に入れる際、付属品の欠品は避けられないリスクです。

例えば、純正スタンドがなければSONYの公式サイトで2,500円で買い足す必要があります。

さらに、ケーブルやコントローラーが不足している場合、これらを別途購入すると、結果的に新品を買うのと同じか、それ以上の出費を強いられることになりかねません。

よって、中古購入の際は付属品の完全性を確認し、総コストを検討することが肝心です。

高価格帯とその理由

PS5の価格設定が高いと感じる方も多いでしょう。

新品の場合、約60,000円が相場ですが、中古市場では55,000円前後で取引されています。

しかし、中古購入はコントローラーの使用状況や欠品のリスクを鑑みると、新品の方が長期的に見てコストパフォーマンスが高いと言えます。

また、安価な中古品には型番が古いなどの理由があり、結果的に新品購入が賢明な選択となります。

購入前には製品の状態をしっかりと確認することが大切です。

アフターケアの不足

中古製品の購入は、故障リスクとアフターケアの不足が懸念されます。

特に高価なゲーム機では、修理費用が外装部品で7,150円、メイン基板で27,500円と非常に高額です。

新品なら1年間のメーカー保証があり、故障時のサポートも充実しています。

ゲームを長時間楽しむ方には、新品購入が賢明で、保証の有無が後悔しない選択を左右します。

PS5中古のメリット

中古PS5を選ぶメリットとして、まず価格の面で新品に比べて手頃である点が挙げられます。

また、市場に出回っている中古品の中には、限定版や希少なデザインのモデルが含まれることもあり、コレクターにとっては魅力的です。

さらに、中古市場では新品で売り切れてしまったゲームや周辺機器も見つかることがあり、幅広い選択肢から自分に合った商品を見つけやすいという利点があります。

新古品の存在

新品同様でありながら中古価格、それが新古品の魅力です。

例えばPS5の新古品は、展示品や未開封返品など「新品」に近い状態で販売されることがあります。

価格は新品よりも手頃な場合が多く、見つけたらラッキーと言えるでしょう。

ただし、購入時には型番を確認することが大切です。

PS5には発売以来、複数のバージョンが存在し、最新型は内部構造の簡素化により軽量化されています。

しかし、機能や容量に違いはないため、使用する上での体感差はほとんどありません。

限定版モデルの入手可能性

PS5の限定版モデルは、独自のデザインでゲームファンの心を掴みます。

例えば「FINAL FANTASY XVI」とのコラボレーションモデルには、オリジナルデザインのコントローラーや本体カバーが含まれ、熱狂的なファンには見逃せないアイテムです。

しかし、これら限定版モデルは発売から時間が経つと市場から姿を消し、入手困難になることが多いです。

手に入れるチャンスを逃した場合、中古市場が最後の頼みの綱になりますが、中古であっても限定モデルを所有する喜びは変わりません。

新型が登場するごとに内部構造が改善され、軽量化されている現行モデルと比べても、限定版モデルの魅力は色褪せません。

購入を考えるべき人は?

PlayStation 5をサブ機として検討している方、または予備として持ちたいと考えている方にとって、中古品の購入は賢い選択です。

既にメインマシンをお持ちであれば、中古のPS5は新品よりもお手頃価格で手に入りますし、故障時のバックアップとしても重宝します。

ただし、中古購入時には商品の状態をしっかりと確認することが大切です。

保証の有無や、過去に修理歴がないか等、明確な情報を得てから購入を決めましょう。

短期間での利用を考えている人

短期間でPS5を楽しみたい方には、中古購入がおすすめです。

新品に比べてコストを抑えられる上、短い期間で売却もしやすいため、経済的です。購入時は、型番を確認して最新の1200番を選ぶと良いでしょう。

これにより、発売時期が新しく、故障リスクが低い商品を手に入れることが可能です。

また、知人やフリマサイトでの購入の際は、使用期間が記載されているか、レシートや保証印の有無をチェックすることが重要です。

サブ機としての購入を検討している人

サブ機としてのPS5購入を考えている方には、中古品が適しているかもしれません。

メイン機としての使用頻度が少ないため、新品を買うよりもコストを抑えられるでしょう。

ただし、中古品の場合は使用期間の不明瞭さや付属品の欠品、コントローラーの耐久性といった点に注意が必要です。

また、新品購入時の1年間のメーカー保証が受けられないことも考慮に入れるべきです。

サブ機としても安心して長く使うためには、信頼できる販売店での購入や保証の有無を確認することが重要です。

PS5中古購入ガイド

中古PS5を検討中の方へ、購入前に確認すべきポイントをご紹介します。

中古品の価格は魅力的ですが、高額な場合もあります。

また、付属品が不足していることや、コントローラーの耐久性に不安があることも。

使用期間が明記されていない商品や、新品のような1年間のメーカー保証がない点も考慮が必要です。

これらを踏まえ、新品に比べてリスクを受け入れられる方、または価格差を重視する方には中古購入が適していると言えるでしょう。

購入前にチェックすべきポイント

PS5を中古で購入する際は、特に注意すべき3つのポイントがあります。

まず、保証期間の確認は必須です。新品の場合と異なり、中古品は保証の期間が短い、あるいは無い場合もあるためです。

次に、実際の動作確認を行うこと。

販売店であれば試遊できる場所も多いので、起動の確認はもちろん、ゲームプレイがスムーズに行えるかチェックしましょう。最後に、付属品の有無を確認することが大切です。

特にコントローラーやケーブルが揃っているかは、後に追加購入が必要にならないためにも重要です。

おすすめの購入ルートと注意すべきサイト

PS5のサブ機をお探しですか?中古購入が賢い選択となる場合もあります。

しかし、中古市場には注意が必要です。

信頼できるプラットフォームから購入すること、保証の有無を確認すること、そして実際に動作するかどうかを検証することが大切です。

例えば、Amazonや楽天市場、Yahooショッピングなどの大手通販サイトでは、ユーザーのレビューや評価を参考にすることができます。

また、これらのサイトではポイント還元やセールが頻繁に行われており、お得に購入可能です。

ただし、個人間取引を行うメルカリやヤフオク!では、商品の状態をよく確認し、出品者とのコミュニケーションを大切にしましょう。

【結論】PS5中古購入の是非

PS5を中古で購入するのはおすすめできません。なぜなら、価格が新品とあまり変わらず、付属品が欠けていることが多いからです。

また、コントローラーの劣化や使用期間の不明瞭さも問題です。

さらに、新品の場合に付帯する1年間のメーカー保証がないため、万が一の際に修理費用が自己負担となります。

購入前にはこれらのリスクを考慮し、新品にするメリットを十分に検討することが大切です。

あなたにとって中古PS5はおすすめか?

中古PS5の購入前に考慮すべき点をお伝えします。

価格が新品に近い、付属品の不足、コントローラーの耐久性、使用歴の不明瞭さ、メーカー保証の欠如など、中古購入の際のリスクは少なくありません。

しかし、予算の制約がある方や、すぐにでもプレイしたい方には、中古市場が選択肢となるでしょう。

購入時には信頼できる販売店の選定や、動作確認の徹底が重要です。

また、中古品でも保証サービスを提供する店舗も存在しますので、そうしたアフターサービスの有無も購入の一助となるはずです。

まとめ

中古PS5の購入にはメリットとデメリットがあります。

中古品は新品に比べて価格が安く、手に入れやすいというメリットがあります。

しかし、販売者の説明が真実とは限らないため、注意が必要です。

また、悪質な転売ヤーからの購入は避けるべきです。

中古と新品のどちらが自分に合っているかを検討し、後悔のない買い物をしましょう。

フリマを利用する際は販売者の評価や同梱物を確認し、安心して購入しましょう。

コメント