PR

ドラマ『ミステリと言う勿れ』第9話のあらすじと感想!※ネタバレ注意 名優の演技に感服

芸能/エンタメ

この記事は『ドラマタイトル』第9話のあらすじとストーリーの予想や展開の期待感、そして放送終了には感想を書き加えています。

橘高の天達への嫉妬と人間の裏に隠された本音が見える第9話でした。

そして、橘高勝役の佐々木蔵之介さんの縁起がすばらしかったです。

『ドラマタイトル』第9話のあらすじと期待

第9話のあらすじ

整は、天達春生(鈴木浩介)に招かれ参加したミステリー会が行われている山荘で、かつて美吉喜和(水川あさみ)がストーカーに殺害されたという事実を知る。喜和だけでなく、ストーカーも暖炉にくべられた夾竹桃(きょうちくとう)の毒性の煙で死んでいる。最近、都内でもストーカーによる連続殺人が発生していると言う風呂光に、整は山荘に来る前、天達から「参加者の中に一人だけ嘘をつく人物がいるので見ていて欲しい」と頼まれたことを話す。すると、風呂光は天達から逆に「嘘をつかない人を見ていて欲しい」と言われたと言うではないか。整と風呂光は喜和の事件に何か裏があるのではないかと考え始める。

翌朝、目覚めた参加者たちは雪かきをする。整が天達に、喜和の事件に関して尋ねると、天達は第三者の進入の形跡はなかったが、ずっと事件について違和感があったと答えた。そして天達は整に、「とにかく会の状況を先入観なしに見て欲しい」と頼む。そんな時、風呂光は夾竹桃の枝が数本折れている事に気づいた。

雪かきを終え、整と風呂光がガレージで道具を片付けていると停電が発生し、電動シャッターが開かなくなり閉じ込められてしまう。整は橘高勝(佐々木蔵之介)がガレージに張ったテントの中から懐中電灯を持ち出す。整たちは山荘につながるドアを天達に開けてもらい解放される。停電の原因は送電線が雪の重みで切れてしまったためだった。復旧は夕方までかかりそうとのことでとりあえず昼飯を食べることになり、整はカレー作りを頼まれてしまう。参加者を観察する整は、ある事に気がついた。

https://www.fujitv.co.jp/mystery/story/story09.html

喜和がストーカーに殺されましたがストーカー自身も喜和の横で亡くなっていたという事件は何かからくりがありそうな雰囲気がしていました。

きっと予想だにしない真実が久能の手によってあぶり出されるんだろうと期待はしています。

もし第三者の関与があるとするならば、このミステリー会の主催者とも呼べる蔦、天達が犯人ということは考えられないだろうと考えました。

そうするとセオリー通り過ぎるかもしれませんが橘高、デラ、パンが犯人候補に名乗りを挙げるのかな・・?

ただ、これまでのこのドラマの結末というのは多少のひねりでは通用せず別領域から考えないといけないパターンばかりではあります。

これまでの傾向から考えると夾竹桃の毒性の煙で死んでいたことは偶然ではなく喜和とストーカーは実際は愛し合っていて、一緒に死ぬことを選んだなんて結末も考えられるなとなりました。

とにかく次回どんな答えが待っているのか久能の独特の語りとあわせて楽しみにしています。

『ミステリと言う勿れ』第9話の感想

ストーカーに殺害されてしまった喜和の事件に関与していた犯人が誰かというのに注目が集まっていました。

悪意からの犯行だとしか思っていなかったのが橘高のミスから生まれてしまった殺人事件だったという結末は予想外ではありました。
普通のドラマならば、橘高の後悔から始まり、なぜ本当の事を言わなかったんだという追及で終わっていくんではないかと思いました。

しかし、このドラマの秀逸な点はそれだけでは終わらないところだなと感じました。

その後に橘高が西東京の三件のストーカー殺人事件に絡んでいたり、ミステリー会に集まったメンバー全員を殺害しようとしていたことです。

橘高が潔癖症に見せかけて指紋を残すことなく完全犯罪を成し遂げようとしていたというのも壮大なストーリーに仕上がっていたんだなと感心しました。

最後に見せた橘高の天達への嫉妬、人間の裏に隠された本音というのが滲み出ていて印象に残りました。

本当に見応えがあったし完成度が高く納得させてくれる第9話でした。

『ミステリと言う勿れ』第9話ネットの反応

第9話放送後のツイートを集めました。(ほんの一部です)

『ミステリと言う勿れ』あらすじと感想 記事一覧

『ミステリと言う勿れ』の過去の放送回の感想記事一覧です。