PR

ドラマ『ミステリと言う勿れ』第10話あらすじと感想!ネタバレ注意 ライカとの別れが切なすぎる

芸能/エンタメ

この記事は『ミステリと言う勿れ』第10話のあらすじとストーリーの予想や展開の期待感、そして放送終了には感想を書き加えています。

第10話は久能とライカの初詣デートが注目でしたが、そのあとのライカとの別れが・・・

ツイッターを見ていても「切なすぎる」と多くの人がつぶやいていました。

『ドラマタイトル』第10話のあらすじと期待

第10話のあらすじ

久能整(菅田将暉)とライカ(門脇麦)が大隣総合病院の温室で足湯を楽しんでいると、梅津真波(阿南敦子)が来て正月の過ごし方の話になる。病院に来る途中、神社を見かけた整が初詣に行かないかとライカを誘うと、真波も二人で行ってみたら良いと勧めた。ライカも承諾したので、整は元日午前3時に行こうと約束する。

二人きりの小イベントに整は大晦日からソワソワしながら過ごし、約束の時間に神社でライカと合流。お互いに初めての初詣に戸惑いながらもお参りをして、おみくじを引き、屋台のたこ焼きを頬張って楽しむ整とライカ。そんな二人を風呂光聖子(伊藤沙莉)と池本優人(尾上松也)が見かける。二人は年始のパトロールに駆り出されていたのだ。ライカを見た池本は何かに気がつくが、風呂光に二人の邪魔をしてはいけないと促されパトロールに戻る。

神社から出ると、ライカは焼肉を食べようと整を誘う。元日のこんな時間に空いている店はないと整は言うのだが、すでにライカが灯りの点いている焼肉店を見つけていた。整が店内をのぞくと、店主らしき浦部沢邦夫(堀部圭亮)と店員の沙也加(志田未来)がいる。整がまだ営業中か尋ねると、邦夫は閉めようとしていたと言う。ところが、沙也加は年明け早々の客を返してはダメだと邦夫をたしなめて、整とライカを迎え入れた。沙也加の言葉から、邦夫とは父娘の関係らしい。席に着くとライカが数字の暗号で整に何かを伝える。めんどくさがりながら『自省録』で確認する整。焼肉を食べ始めると、ライカは整に妹の千夜子の話をする。

https://www.fujitv.co.jp/mystery/story/story10.html

第9話ではゲスト出演の佐々木蔵之介さんの人間の闇の部分というのを表現した演技が素晴らしいものがありました。

このドラマに出演するゲストは小日向文世さん、柄本佑さん、門脇麦さんなど演技派ばかりが選ばれており、その点は高く評価しています。
それなので、個人的にはこのドラマのキャスティングは完璧だと思っていて、次回は誰かと思って楽しみにしていたら、なんと焼き肉屋店員役として志田未来さんが出演するということでさすがだなと感じました。

ドラマSUPER RICHで見せたリアリティのある演技というのは直ぐに目についたし上手い女優さんだなと直ぐに分かりました。
なので今回、志田未来さん演じる沙也加がどんな感じで久能と関わっていくのか楽しみにしています。

次回第10話では久能とライカの2人での初詣というのが面白そうで、いつになく舞い上がり気味な久能が見れそうだなと期待しています。

そしてその現場を見てしまう風呂光の反応というのも気になるところです。

その他にも遂にライカの過去、正体というのも明かされそうで注目しています。

『ミステリと言う勿れ』第10話の感想

久能とライカの初詣デートが思ったより長い時間続くことからもこの後にそれなりの展開が待っているんだろうなという期待感が自分のなかでジワジワやってきていました。

そんな中、久能のうんちくが披露され、おみくじの運勢が良いのは大吉、中吉、小吉、吉ではなく大吉、吉、中吉、小吉の順番だというのはちょっと勉強になって誰かに話したくなりました。

そうこうしているうちに久能とライカが焼肉店に入り全体的に違和感がある雰囲気というのが印象的でした。

焼肉店の親子、久能、ライカのやりとりの中で何かが起こっていることは間違いないですがどんな真実が後に待っているのかが楽しみでした。

そして、その答えとして父親のふりをした強盗犯が焼肉店にいたというのは、スピード解決ではありましたが色んなものが短い時間に織り交ぜられていて見応えがありました。

今回はライカの人格が消えてしまう別れというのが悲しくて、こんな別れ方はこれまでにはないパターンだと思いました。

やはりこのドラマならではの想像がつかないような別れが待っていたなという感じですね。

『ドラマタイトル』第10話ネットの反応

第10話放送後のツイートを集めてみました。(ほんの一部です)

『ミステリと言う勿れ』あらすじと感想 記事一覧

『ミステリと言う勿れ』の過去の放送回の感想記事一覧です。