PR

『ミステリと言う勿れ』第1話 あらすじと感想(ネタバレ注意)

芸能/エンタメ

この記事は月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』の第1話のあらすじと実際に視聴した感想を書いています。

『ミステリと言う勿れ』第1話のあらすじ

大学生の久能整(菅田将暉)は、朝から自宅アパートでカレーを作っていた。そこに、アパートの大家が大隣警察署の刑事、薮鑑造(遠藤憲一)と池本優人(尾上松也)を連れて現れる。昨夜10時の行動を薮に問われた整は1人でカレーを作っていたと答えた。すると、薮は付近の公園で寒河江健(藤枝喜輝)の遺体が発見されたことを整に伝え、警察署へ任意同行を求めた。
整は薮、そして青砥成昭(筒井道隆)の聴取を受ける。公園で殺害された寒河江は整と同じ高校の出身で同じ大学に通っていた。さらに、寒河江が殺害された時刻に整と争っているのを見た目撃者もいる。そのため、整は容疑者となっていたのだ。だが、薮たちの追求に整は淡々と無実を訴える。目撃情報もはっきりと自分だと言えるのかと理屈を並べて返して行く。
夜になると、整は明日も取調べに応じるという条件で解放された。刑事の風呂光聖子(伊藤沙莉)に預けていた携帯電話を返してもらいに行った整は、彼女がペットロスであることを知る。また、池本が間もなく父親になるという話も整の耳に入った。

引用:フジテレビ

『ミステリと言う勿れ』第1話の感想・考察

第1話のダイジェスト動画と感想です。

第1話ダイジェスト動画

第1話の感想

久能のアドバイスにより警察の取調室にいるだけで事件解決が成されたというストーリーは画期的だなと感じました。

新感覚ミステリードラマというフレコミでしたがまさにそのとおりだったし周りに勧めたいレベルの面白さでした。

第1話は、遠藤憲一が演じる刑事の薮が犯人だったというのも驚きでした。
遠藤憲一はドラマの人物相関図にも名前を連ねていたしいきなり犯人になってしまえば登場しなくなる訳で読み切れない犯人ですよね。
そういうことも含めて視聴者を騙す意味もあったのかなと推測したし自分は完全にその手法に騙された一人でした。
薮の犯行をさかのぼっても辻褄があうようになっていたしクオリティの高さが伝わってきました。

主人公の久能も理路整然と持論を展開するんですがそれが的を射ているし聞き入ってしまうんです。

1話で印象的だったのが薮の妻子がひき逃げ事故に遭い亡くなったことについての久能の発言です。

家庭を大事にしていなかった薮がひき逃げで妻子を亡くし悲しんでいるように見えて実際はその犯人を捕まえることに対してどこか楽しそうに捜査しているんではと推測しました。
妻子がどうこうより犯人を捕まえること復讐することがやり甲斐であり家族のことは考えていなかったんではという心理を読んだ言葉が記憶に残りました。

『ミステリと言う勿れ』あらすじと感想 記事一覧

『ミステリと言う勿れ』の過去の放送回の感想記事一覧です。