『ミステリと言う勿れ』第7話あらすじと感想※ネタバレ注意!窮地の整を救ったのは?

芸能・エンタメ

この記事は『ミステリと言う勿れ』第7話のあらすじとストーリーの予想や展開の期待感、そして放送終了には感想を書き加えています。

第7話の予告から、下戸と井原が虐待する両親とともに久能も燃やしてしまおうとしているのがわかりましたが、主人公が助からないとドラマも終わりなので、どのように助かるのかが見ものでした。

窮地の久能を救ったのは・・・。なかなか粋なはからいだと思いましたね。

詳しい感想は記事本編で!

スポンサーリンク

『ミステリと言う勿れ』第7話のあらすじと展開予想

第7話のあらすじ

ライカ(門脇麦)に導かれて、久能整(菅田将暉)は奇妙な放火殺人事件を調べ始めた。すると、放火された住居の家族は、親が死亡し子供だけが助かっている。また、風呂光聖子(伊藤沙莉)たち警察などの情報から、整は虐待された子供が親の殺害を依頼するという“炎の天使”に関する都市伝説サイトがあることを確認。そして、整は下戸陸太(岡山天音)も放火による火災で両親を亡くした事を知った。しかし、クリスマスイブの夜、大隣総合病院で行われるイベントの手伝いをして欲しいと陸太に呼ばれて倉庫に向かった整は襲われてしまう。倉庫には、入院している虐待疑いがある子供の両親も拘束されていた。

それより二日前。放火殺人事件を捜査する青砥成昭(筒井道隆)たち大隣警察署強行犯一係は、現場に残された炎のマークから、3年前に起きた同様の事件で証拠不十分で逮捕出来なかった井原香音人(早乙女太一)を洗うことになった。香音人は結局ボヤ程度の放火で逮捕され、医療少年院に服役後、半年前に釈放されたのだが、その後の足取りがつかめない。だが、イブの夜、青砥たちは放火犯“炎の天使”を扱う都市伝説サイトの管理人、鷲見翼(今井悠貴)も放火殺人事件で生き残った子供だった事を突き止めて事情を聞きに向かう。

その頃、整は陸太の弱点をついて形勢逆転に成功。“炎の天使”ではないかと問う整に、陸太は自分ではなく先輩だと答えた。整が先輩に会わせて欲しいと頼むと、陸太はとあるビルの一室へと連れて行き、香音人に引き合わせた。整は陸太と香音人の関係、放火殺人事件の真相を聞くことになる。

引用:フジテレビ(ミステリと言う勿れ公式サイト)

ここまでのこのドラマの見応えがある部分として挙げられるのがゲスト出演者の演技力の高さです。

基本的に独特の雰囲気を持っていたり、変わり者の登場人物ばかりなので出演者の力量というのが重要になっていると思っています。

元刑事牛田を演じた小日向文世、記憶を失ってしまった爆弾魔を柄本佑、そして犬堂我路を演じる永山瑛太などが素晴らしい演技を魅せてくれています。

そのことからも第7話以降もどんな俳優がどんな役を演じて久能と向き合ってくれるのか本当に楽しみにしています。

第7話のストーリー的には、下戸と井原が虐待する両親共々、久能も燃やしてしまおうとしているのがどうなっていくのかが見ものです。

久能が殺害されるとドラマが終わってしまうので誰かが助けに来るんでしょうが、現状誰も助けに来るような人間は浮かばないです。

なので久能が虐待に対してどう向き合うべきかというのを下戸、井原に伝えて説得する形で危機的状況を回避する場面を見たいなと期待しています。

スポンサーリンク

『ミステリと言う勿れ』第7話の感想

第7話ダイジェスト動画

久能が追い詰められた状況の中でどうやって危機を回避するのかが注目でした。

誰も助けに来ない状況下で残されたのは久能の圧倒的に説得力がある話術しかないなと踏んでたんです。しかし、そんな予想は裏切られました。
ライカにもらったプレゼントに助けられる久能を見て、このドラマらしいお洒落さを感じてしまいました。

今回、虐待する両親を葬り去る行為は決して子どもたちを幸せにする将来が待っている訳ではないというのは悲しいものがありました。

両親がいなくなっても、その後の人生で苦しみ自殺するものまでいるという話は考えさせられるものがあったんですね。

虐待という今の時代の社会問題に訴えかけるようなシーンやセリフもあり、視聴者に問いかけているようにも思えました。
決して正解が出せる問題ではないですが、真剣に考えねばならないものだなと感じました。

結末的には、下戸が井原を殺害していて幻影を見ていたというのも想定外の展開ではありましたが、つじまは合うし、誰も予想できない結末はさすがだなと評価しています。

スポンサーリンク

『ミステリと言う勿れ』第7話ネットの反応

『ミステリと言う勿れ』第7話放送後のツイッターの投稿を集めました。(ほんの一部です)

スポンサーリンク

『ミステリと言う勿れ』あらすじと感想 記事一覧

『ミステリと言う勿れ』の過去の放送回の感想記事一覧です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました