PR

『ミステリと言う勿れ』第3話 あらすじと感想(ネタバレ注意)

芸能/エンタメ

この記事は『ミステリと言う勿れ』第3話のあらすじとストーリーの予想や展開の期待感、そして放送終了には感想を書き加えています。

『ミステリと言う勿れ』第3話のあらすじと展開予想

久能整(菅田将暉)たちが監禁された犬堂邸に、いち早く気づいた風呂光聖子(伊藤沙莉)と青砥成昭(筒井道隆)、池本優人(尾上松也)たち大隣警察署・強行犯一係が急ぐ。その頃、邸内では犯人に促された乗客たちによる“これまでに自分が犯した一番重い罪”の告白が続いていた。露木リラ(ヒコロヒー)、柏めぐみ(佐津川愛美)、淡路一平(森永悠希)の次に話したのは、奈良崎幸仁(金田明夫)。部下に自殺された奈良崎は、遺族から自分のせいだと突きつけられて悩んでいる。話を聞いた整はリラたち同様、言葉で奈良崎の心を癒してゆく。

奈良崎の話が終わると、犬堂ガロ(久保田悠来)、オトヤ(阿部亮平)犯人兄弟ではなく、乗客の1人、熊田翔(永山瑛太)が運転手の煙草森誠(森下能幸)にも告白するよう指名した。驚く煙草森だが、幼い頃、親が飼っていた金魚をうっかり死なせてしまい思わず隠してしまったと話す。そんな時に、SATを先頭にした風呂光たちが飛び込んで来た。

警官隊の突入に、犯人は抵抗するものと思われたが、ガロとオトヤは素直にバスジャックを認めた。警察は連続殺人事件の最初の被害者の遺族だと分かったからここに来たのだろうとガロが告げると、整はこの中に連続殺人犯がいると後に続いた。整は今まで観察して来た乗客たちの行動から、連続殺人事件の犯人が誰なのかの特定を始める。しかしその前に、整はバスジャック犯の犬堂兄弟について話し出した。ガロは家に飾られた絵を自分が描いたと言ったが、整は彼が本物のガロではないと言い出した。

引用:フジテレビ

犬堂邸に集められた人間の中に連続殺人事件の犯人がいるとのことで久能の推理が見ものだと期待しています。久能が観察してきた乗客たちの行動から見て取れた分析を楽しみにしています。

気になるのが久能が割れた道路に隠していたメモを破った人物です。

頭脳派に見える犬堂ガロならば犯行に関わっているのがわかった時に明かすはずだろうとなりました。
そうするとメモを見て警察に連絡されてしまうと困る人物は犬堂兄弟、元々事件を知って参加したバスの運転手以外では誰なのかが気になりました。
連続殺人犯の立場からすればこのメモをどう扱うのがベストなのかが分からないし、次回の答え合わせが非常に楽しみになっています。
雰囲気的には異常なほど落ち着き払っていてゲームを楽しんでいるようにも見える金髪の熊田が怪しい存在です。

それ以外では若い女性が亡くなったことから協力したというバスの運転手・煙草森の気持ちは分からなくもないですがバスジャックに協力するというほどのリスクを背負っているのが気になります。

『ミステリと言う勿れ』第3話の感想(ネタバレ含む)

屋敷に犯人候補を集めた様子はまさに金田一少年の事件簿のように見えたことから、これから一つ一つ犯人を絞り込んでいく長い作業が始まるんだろうと思っていました。

しかし集められた人間が一通りしゃべり終えるとあっさりとバスの運転手・煙草森が犯人だったと確定する流れは驚かされました。
やはりこのドラマは今まで見てきたミステリードラマとは訳が違うと感じたのと、そこからの展開がまた面白かったです。

一時的に永山瑛太が演じる犬堂我路が主人公になったようなストーリー展開は秀逸としか言い様がなかったです。

煙草森に復讐を遂げた我路が妹の遺書のような手紙に辿り着き本当の死の真相を探っていくストーリーが今後、見れるのかも注目です。

2話の時点では気づかなかったんですが我路を演じているのが永山瑛太だったのにはびっくりさせられました。
金髪だったのはあるにせよ永山瑛太のイメージとは違う冷めた演技というのを見て役者って凄いなと感嘆しました。

『ミステリと言う勿れ』あらすじと感想 記事一覧

『ミステリと言う勿れ』の過去の放送回の感想記事一覧です。