PR

『ミステリと言う勿れ』第4話 あらすじと感想(ネタバレ注意)

芸能/エンタメ

この記事は『ミステリと言う勿れ』第4話のあらすじとストーリーの予想や展開の期待感、そして放送終了には感想を書き加えています。

『ミステリと言う勿れ』第4話のあらすじと展開予想

久能整(菅田将暉)がカレー作りを楽しんでいると、スマホに風呂光聖子(伊藤沙莉)から着信。イヤな予感を覚えながらも応答した整に、風呂光は案の定、事件の謎解明を手助けしてほしいという。それは、闇サイトにアップされた爆破予告場所の特定だ。予告にはアルファベットの暗号文が付記されているが警察官たちは解明出来ない。昨日は品川に仕掛けたとアップされたが、幸い予告に書かれてたビルが特定されたため爆弾が発見されて未遂に終わる。だが、再度予告があり、今回は大隣署管内に仕掛けられたため、池本優人(尾上松也)が整に協力を求めようと風呂光を向かわせたのだ。

風呂光の迎えで、整はまたしても取調室へ。民間人への捜査協力は青砥成昭(筒井道隆)たちに知られるわけにはいかないからだ。整は昨日の暗号文の謎を解く。そんな時、二つ目の爆弾が発見されたと知らせが入る。整は風呂光に暗号解読力を褒められるが、何かが引っかかる。そんな中、闇サイトへの投稿アドレスから容疑者が割り出され、被疑者が取調べを受けるが犯行を否定。池本と風呂光は容疑者を、ほぼ黒だと確信するが、青砥はアドレスが簡単に特定出来たため、ぬれぎぬではないかと疑う。

次の日、青砥の懸念通りに3度目の予告がアップされた。そんなことを知らない整は雨の中を食事に出かける。すると、見知らぬ男(柄本佑)に声をかけられた。しばらく会話を交わした整は、男が記憶を失っていることに気づく。

引用:フジテレビ

我路の妹の死の真相が次回観れるのかなと思っていたんですがどうもまた違う事件に久能が巻き込まれてしまうようです。

今度は闇サイトにアップされた爆破予告場所の特定に駆り出される久能が見ものです。

アルファベットの暗号文を読みとかなければならないようですが、その分野に対して久能が優れた能力を持ち合わせているのかが気になるところです。

そして、時限爆弾を仕掛けた犯人が記憶喪失になってしまうというのも斬新な設定だなと感じました。
その犯人と久能がどんなやりとりを展開していくのか見ものです。

このドラマらしいトリッキーな設定だし、次回もかつて観たことがないストーリーが待っているんではないかと期待しています。

出演者では前述した記憶喪失の男を柄本佑が演じるのは楽しみです。
柄本佑はドラマ「知らなくていいコト」「天国と地獄~サイコな2人~」でも素晴らしい演技を魅せていました。

第4話では柄本佑と菅田将暉がどんなやりとりを見せてくれるのか必見です。

『ミステリと言う勿れ』第4話のダイジェストと感想(ネタバレ含む)

爆弾を仕掛けた犯人の三船が記憶喪失になってしまうのが一筋縄ではいかないこのドラマらしいストーリーで斬新さを感じさせるものがありました。

このドラマの売りとも言える新感覚ミステリーというフレコミは確実に守られているなと感心します。

普通のドラマならば爆弾魔の暗号を解くことにスポットライトが当たるんです。
しかし犯人の三船が車に轢かれて記憶喪失というのはこれからどんな展開が待っているのかワクワクさせてくれました。

まずは久能と三船の博学的な会話から始まり、三船の懐かしい思い出話というのが興味深く引き込まれてしまいました。
そして第1話の警察の取り調べ室で事件解決したように川沿いのベンチに座って会話をしているだけで爆弾の仕掛けられた場所を推理するという内容は秀逸でした。
三船が「思い出の音楽室を爆破したいが、心のどこかでしたくない気持ちもあるから爆破予告をした」という複雑な気持ちというのが印象に残った第4話でした。

『ミステリと言う勿れ』あらすじと感想 記事一覧

『ミステリと言う勿れ』の過去の放送回の感想記事一覧です。