ドラマ『ミステリと言う勿れ』第12話最終回ネタバレと感想!

芸能・エンタメ

この記事は『ミステリと言う勿れ』第12話(最終回)のあらすじとストーリーの予想や展開の期待感、そして放送終了には感想を書き加えています。

『ミステリと言う勿れ』の放送も無事に終わりました。

続編があるのではないか?とと思って見ていた方も多かったんじゃないでしょうか?

実際に続編はあるのか?

と、その前に最終回のストーリー展開をお届けします

スポンサーリンク

『ドラマタイトル』第12話のあらすじと期待

第12話のあらすじ

美術展を見終わった久能整(菅田将暉)は東京へ帰る新幹線に乗車。弁当を食べようとした時、隣席に美樹谷紘子(関めぐみ)が座った。何となく気恥ずかしい整は、早々に弁当を食べて寝てしまう。
うたた寝から目覚めた整がふと隣席を見ると紘子が手紙を読んでいた。便箋を見た整は思わず“な、ご、や、に、は、く、る、な”と口にする。驚く紘子に整は謝罪。だが、手紙にそんなことは書いていないので、紘子には意味がわからない。整は文章ではなく、イラストの頭文字を並び替えたのだと教える。すると、紘子は他の手紙も整に見せた。

紘子は整に手紙は父からのものだと話す。両親を幼い頃に亡くした紘子は、亡き母の親友が引き取って育ててくれた。しかし、最近になり紘子は育ててくれた母のクローゼットに古い手紙が隠してあるのを見つける。それが、今読んでいた手紙で父が今の母に宛てたもの。今の母から両親は亡くなったと聞いていたが、父の手紙は紘子を返して欲しいと訴えていた。手紙に書いてあった住所に、紘子が手紙を出してみると返事が来た。結婚を控えた紘子は、父にバージンロードを一緒に歩いて欲しいと頼むため、そこに向かうところだと言う。

しかし、手紙のイラストは解くほどに危ういメッセージが連なる。そんな二人の様子を見ながら徐々に席を移り近づいて来る人物がいた。ついに後ろの席まで来た時、整が声をかける。それはサキ(高畑淳子)という女性だった。

その頃、犬堂我路(永山瑛太)たちは風呂光聖子(伊藤沙莉)らを助け、辻浩増(北村匠海)から愛珠(白石麻衣)の死の真相を聞いていた。だが、そこには新たな謎が…。

https://www.fujitv.co.jp/mystery/story/story12.html

次回最終回の見どころとしてはジュートが本当に辻浩増なのかと愛珠の死の真相、久能がどんな形で事件に関わってくるかです。

先ずは辻が突如として現れて猫田を刺したり犯人候補として浮上しましたが何か辻にも色々と伏せられていることがありそうだなと踏んでいます。
そして愛珠の死の真相というのも裏カジノで働いていた理由もわからないしきっと予想だにしない理由が隠されているんだろうなと期待しています。

久能に関しては美術展が終わった後にどのように事件に参加してくるのか注目しています。
久能が新幹線の中で知り合った女性とのやりとりというのも意味深な雰囲気が伝わってきました。

そのことを踏まえてもこのドラマのことなんで犬堂我路や警察に合流することなく久能が事件を遠く離れた場所から解決するなんて結末も見てみたいなとなりました。

アッと言わせてくれてそれでいて納得させてくれるそんな結末を見せてくれるだろうなと信頼しながら最終回を見たいです。

スポンサーリンク

『ドラマタイトル』第12話(最終回)の感想

久能が新幹線で出会った女性・紘子とのやりとりは本当に見応えがありました。

久能がイラストの頭文字を繋げて出来上がった言葉に気付き感動的な話が出来上がったと思わせての「ふたりでころした」という真実が突如、浮かび上がってきたのは戦慄が走りました。
最終回でもこんな思いも寄らないゾクッとする展開が見られるとは流石としか言いようがないなと思いました。

そして、次の期待として最終回の一番最後のシーンはどんな結末が待っているのかが物凄く気になってきました。

愛珠の死の真相、辻の今までの行いがわかりこれで事件も終演を迎えるのかと思わせてのカウンセラーが犯人候補に浮かび上がる展開は想定外でした。
我路が久能の前に現れて一緒に行こうというまさにシーズン2を確実に見据えたラストシーンは斬新だなと感じました。

このドラマは最後までかつてないものを貫き通していたなと拍手を送りたい気持ちになりました。久能と我路が最後のワンシーンだけ顔を合わせるというのもセンスの良さを感じました。

スポンサーリンク

『ミステリと言う勿れ』第12話(最終回)ネットの反応

『ミステリと言う勿れ』最終回のツイートを集めました。(ほんの一部です)

スポンサーリンク

まとめ:ドラマ『ミステリと言う勿れ』

全話を見終わっての感想はこれまでに見たことがないミステリードラマを見せてくれたなという気持ちです。

先ずは第1話で主要キャストだと思っていた遠藤憲一さんが演じる薮が犯人だったという始まりはなかなかセンセーショナルでした。

人物相関図に載っていた遠藤憲一さんがいきなり逮捕されてそれ以降出演しないなんて企みは良い意味で視聴者を裏切ってきて、なおかつ予想だにしない展開を作り上げたよなと感心させられました。

それ以降もこのドラマの秀逸な点は多々ありゲスト出演者が実力派揃いでキャスティングセンスの良さを毎回感じていました。

記憶喪失の爆弾魔に柄本佑さん、元刑事の小日向文世さん、存在感がある警部に船越英一郎さんなど、引きこまれてしまうような演技が記憶に残りました。

そして菅田将暉さんが演じる主人公・久能の独特な語りから始まり類い稀な推理能力というのも魅力的でした。

最終回の結末を見る限り続編が間違いなくありそうだし、是非ともシーズン2を見たいですが、同じように考えている人もたくさんいそうですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました