元彼の遺言状3話感想ネタバレ!新しいストーリーが始まったの!?

未分類

この記事は『元彼の遺言状』第3話のあらすじの紹介とドラマを視聴した感想、放送終了後のネットの反応をまとめています。

前回、第2話まででストーリーが完結してしまい、今回からは新しい展開に進みます。

「最強バディ誕生!」ということからふたりのコンビネーションが見ものだと思いますが、さて今後はどうなっていくのか??

詳しい感想は記事本編で!

スポンサーリンク

『元彼の遺言状』第3話の感想(ネタバレあり)

今回はタイトルが「最強のバディが誕生!」でしたが、完全に麗子主導で進んでいる感じがしました。篠田の気の抜けた感じは好きだけど、ただ見せかけているだけならなかなかやり手かも。

それにしても引っ越した事務所に麗子のゴージャスさは掃き溜めに鶴な気が・・・(^^;

ともかく、依頼があって弁護することになったのがホストの武田信玄でしたが、店の店長が家康だったりと細かいところも戦国武将だったのが笑えました。

武田信玄こと黒丑が不動産屋を殺害した容疑を掛けられていましたが、犯人は立ち退きを迫られていた他の人物で、見ごたえがありました。

篠田が発生した事件をミステリー小説の「そして誰もいなくなった」と同じだと推理していましたが、勝手に寄せすぎと思いました。黒丑の嘘の身の上話に騙されていたり、持ってきた本を寄贈していたりと人の好さは感じますが。
ちなみに麗子の元彼から譲られた本みたいなので本の中に何かメッセージが隠されている気がします。

不動産屋が殺害された事件は解決しましたが、麗子の元上司・津々井が麗子のまとめようとしていた案件を取っていった感じだったので可哀そうでした。悔しがってはいたので落ち込んではなさそうだけど、裏工作で邪魔しているタヌキオヤジ感はあるので気を付けてほしいです。

今回も合間に贅沢な食べ物を食べたりするシーンがあり羨ましかったと思いましたが、最後は契約失敗に終わり素うどんになってしまいましたね。

次回予告で今回登場していたホスト、黒丑も映ったのでこれからも登場するんでしょうか?麗子と篠田が言い合っていてバディ決裂?ともあったので何が原因か気になります。

あと元彼の栄治の回想シーンもあったので本筋の部分に動きもありそうで楽しみです。

スポンサーリンク

『元彼の遺言状』第3話のあらすじ

麗子(綾瀬はるか)は、引き継いだ『暮らしの法律事務所』の雑用係として篠田(大泉洋)を住まわせる。だが、肝心の仕事の依頼は、離婚調停の相談など、金にならない案件ばかりだった。

そんな折、麗子のもとへ“武田信玄”を名乗る男から依頼の電話が入り、殺人事件があった秋須坂町の進藤不動産へと向かう。殺されたのは進藤不動産社長の進藤昌夫(画大)。弁護士が来るまで何も話さないと言い張り、座っていたのが黒丑益也(望月歩)という青年だった。黒丑は、ホストクラブ『戦国』で武田信玄という源氏名で働いているらしい。

黒丑は、3ヵ月前に自宅に訪ねてきた進藤から、立ち退きを持ちかけられたという。だが1ヵ月前にもう一度やってきた進藤は、まるで人が変わったように、「ここは自分の物だから1ヵ月以内に出て行け」と言い出したらしい。黒丑は、交渉するために進藤に会いに来たら彼が死んでおり、すぐに警察に連絡した、と主張していた。

別の日、麗子のもとへ事務所の開業祝いを持って紗英(関水渚)が訪ねてきて……。

https://www.fujitv.co.jp/motokare/story/story03.html
スポンサーリンク

『元彼の遺言状』第3話ネットの反応

『元彼の遺言状』第3話放送終了後のツイッターでの反応や感想を集めました。(ほんの一部です)

スポンサーリンク

まとめ:『元彼の遺言状』第3話

『元彼の遺言状』は前回第2話で完結してしまって、拍子抜けした人も多かったと思います。

今回の第3話からは、オリジナルストーリーが進んでいくということで、これも賛否が分かれるところではないかなと思います。

実際にツイッターを見ても、ストーリー展開(脚本)が残念だという意見がちらほらと・・・。
出演者はいいだけにちょっともったいない気もしますよね。

『元彼の遺言状』の他の記事も読んでね!
第1話 2022年4月11日 『元彼の遺言状』第1話あらすじ&感想ネタバレ!
第2話 2022年4月18日 元彼の遺言状2話感想(ネタバレあり)はこちら
第3話 2022年4月25日 元彼の遺言状3話感想(ネタバレあり)はこちら
第4話 2022年5月2日 元彼の遺言状4話感想(ネタバレあり)はこちら
第5話 2022年5月9日 元彼の遺言状5話感想(ネタバレあり)はこちら

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました