元彼の遺言状感想最終回11話

未分類

この記事は『元彼の遺言状』最終回第11話を視聴した感想をまとめています。

スポンサーリンク

『元彼の遺言状』最終回11話の感想

てっきり篠田の事件が終わって完結だと思っていたので、麗子失踪編はおまけみたいで嬉しくなりました。

麗子がタヒチに旅行ですぐにいなくなったと思ったら、拘置所に入っていたのは驚きでした。

でも3つの事件をぜんぶ報告だけで見抜いている感じでさすがでした。

篠田が着替えを持って来て紗英が作った暮らしの相談事務所のピンクのTシャツを麗子が着ていて気の毒でした。

紗英が議員の3億円盗難事件に潜入捜査していたけど、社交界で篠田の事件を解決した探偵という体裁なのが笑えました。

たしかに協力はしたけど、大きな風呂敷広げっちゃってる気が・・・。

津々井先生もちゃっかり登場したけど、みんなに振り回されている感じが可愛そうでした。

個人的にはホストの黒丑が今までの事件で店の№1や2が亡くなり、いつの間にかランクアップしていたのか誕生日にケーキをたくさんもらっていたので良かったです。

篠田の作家デビューは結局、詐欺だったけど、自費出版で形になったのでこれからまた頑張ってねと思いました。

麗子はなんだかんだ言って篠田を助けてくれているので優しいのかも。

ケーキの中に高価な指輪が入っているのを知り、みんなでケーキをホールごと食べている図が可愛かったです。

ラストはなんだかほのぼのとした終わり方でまだ見ていたいと思ってしまいました。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました