金田一少年の事件簿感想最終回10話

芸能・エンタメ

この記事は『金田一少年の事件簿』最終回第10話を視聴した感想をまとめています。

スポンサーリンク

『金田一少年の事件簿』最終回10話の感想

ついに、金田一少年の事件簿が最終回を迎えてしまいました。

道枝くんと萌歌ちゃんのコンビは、金田一少年シリーズの中でも、特にかわいらしかったので、記憶に残る作品となりそうです。

最終話は、前回からの続きで解決編となっていました。

塔の中のろうそくが消えていくトリックや、移動距離を半分にするトリックは鮮やかすぎて、まさに金田一少年の事件簿って感じでした。

犯人は予想通り、レオナだったのですが、回想部分のレオナと霧生のシーンが美し過ぎる!!

本当にオペラ座の怪人の舞台を見ているような、贅沢感がありました。

レオナに殺された3人は、殺されて当然と思えるような最低な奴らでしたが、美しいレオナが手を汚してしまったことを、霧生は悲しんでいることでしょう。

その上、もしレオナが自殺をしてしまったら、霧生も浮かばれません。

レオナの自殺を止めた金田一くん、カッコよかったです。

一方で終始気になったのは、ライターの白神です。

グイグイ発言してたので、もしかしたら犯人なのかなと思っていましたが、全然違いましたね。

濃いめのキャラクターでおもしろかったので、もうちょい出演シーンが多くても良かったかなと個人的には思います。(笑)

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました