PR

インビジブル3話感想&あらすじ!本話注目は磯ケ谷刑事と演出家!?

未分類

この記事は『インビジブル』第3話のあらすじの紹介とドラマを視聴した感想、放送終了後のネットの反応をまとめています。

今回は磯ヶ谷刑事注目回でファンの方は大喜びですが、その他にもたくさん注目ポイントがありました。中でも、今回犯人だった演出家が「えっ?」て感じでやばかったですね。

詳しくは記事本編で!

『インビジブル』第3話の感想(ネタバレあり)

前回ラストに死体とともに志村が放置されたという衝撃的な終わり方だったので、なぜそんなことが起こったのか気になっていましたが、それもすべてキリコの指示だとわかりぞっとしました。「演出家」をおびき出すためとはいえ、ちょっと無謀なやり方だと思いましたし、さらに志村に殺人容疑がかけられてしまったのは少しかわいそうでした。

キリコからヒントを得て銀座で多くの捜査員を配置し、さらに近くにいながら犯人に襲われてしまった磯ヶ谷くんの脇の甘さを感じてしまうところがありました。

外出許可をもらってドラッグの売人のところに行ったキリコの衣装が奇抜でなかなかかっこよかったです。柴咲コウさんじゃないと着こなせない服装でしたね。彼女の怪しさもまた一層出ていたと思います。

ドラッグの顧客リストをあたりながら一人ひとり殴りながら追い詰めていく志村のやり方はかなりやばめだったんですけど・・・。

ようやく犯人の天野にたどり着き、磯ヶ谷とともに乗り込んだものの、相手があまりに強すぎてびっくりでした!彼を確実にしとめるという狙いがあったとしても感電させるまでやるべきだったかとヒヤヒヤしました。改めて志村の凶暴性を感じて怖かったです。

また、演出家という美意識の高い殺人鬼というモチーフ自体は良かったと思いますが、彼の「作品」へのこだわりなどをもっと入れ込むことで、得体の知れない恐ろしい殺人鬼が表現されたのではないかな?と思いました。要潤さんはこの殺人鬼の役も合っていたので、もっとのぞっとするような演技を見たかったところもあります。

DAIGOさん演じるローズさんの再登場はなかなかよかったです!いいキャラしていると思うので彼にはまた出てほしいですね~。

こちらは前回登場シーン

志村がこだわっている過去の事件がやはりキリコも関係していそうなので、来週の展開も楽しみです。

『インビジブル』第3話のあらすじ

志村貴文(高橋一生)が女性殺害の容疑で逮捕された。間もなく容疑は晴れたが、キリコ(柴咲コウ)によると、女性を殺してショーウィンドウに展示したのは「演出家」と呼ばれるクリミナルズで、遺体をアート作品に仕上げて展示するのが趣味だという。さらに、キリコは「演出家」がすでに次の殺害を請け負っていることを予告し、「演出家」を捕らえる為に志村にある作戦を持ち掛ける。キリコが持ち掛けた危険な作戦に捜査一課課長の犬飼彰吾(原田泰造)は猛反対するが、志村はキリコの作戦に乗ることを決める。

一方、志村とキリコの動向に対して、全てが気になる監察官の猿渡紳一郎(桐谷健太)は、磯ヶ谷潔(有岡大貴)と五十嵐夏樹(堀田茜)の捜査に同行することに。

そんななか、キリコは、知り合いでハッカーのラビアンローズ(DAIGO)に「演出家」の動向を探るように依頼。ラビアンローズからの情報を元に、磯ヶ谷らが現場に向かうが・・・。

http://www.tbs.co.jp/invisible_tbs/story/ep3.html

『インビジブル』第3話ネットの反応

『インビジブル』第3話放送終了後のツイッターでの反応や感想を集めました。(ほんの一部です)

まとめ:『インビジブル』第3話

インビジブル第3話もツイッターを見ていると、色んな角度からのツッコミがありましたね(^^;

中でも多かったは磯ヶ谷刑事の活躍ぶり。その他には・・・「演出家強すぎ!」ですw

まぁ、ドラマだし、闇の世界の人間なら・・・と思っても、やっぱりねぇ。

これからもいろんな意味で注目のドラマですね!

『インビジブル』の他の記事も見てね!

コメント